自分でもできる冊子の印刷を安価でしてくれる業者を探す方法

冊子 印刷

冊子の印刷を安くしてくれる業者さんを探すには、ネットが一番です。色んなサイトをチェックして比べてみてください、例えば、一般企業の商品や販促物の冊子の場合、無線綴じや中綴じなどの種類の違いや、大きさ、カラー白黒など色んな基準で違いますが、安く印刷するポイントは、データを自分で作ること。そして、出来るだけフルカラーのページを少なくデザインすることです。さらに一枚の単価を安く仕上げるには、50冊より100冊、100冊より500冊と、数を多く頼むのもポイントです。他には紙質によっても価格が変わります。細かいようですが安い素材や色などをえらぶことと、大量に注文することが最も安く印刷できる方法です。人件費などもネット社会ではおさえられるため、低価格を実現できるようです。

ネットで冊子を印刷すると従来の半額以下

今やインターネット検索で何でも解決できる時代になっています。今回は印刷業者さんで安く冊子を頼めるのはなぜか、その仕組みを紹介します。過去の印刷からするとチラシの場合三万枚印刷するとしたら、デザイン代二万円かけたとして、最低でも十五万円はかかっていました。一枚あたり五円です。それをネットで注文すると一枚あたり二から三円になります。ここまで違うとクオリティーを疑いますが、営業マンがいない分人件費もかかっていないことや、自前の印刷機を持たないことで億単位のコスト削減が可能になります。ということで、大手印刷会社のクオリティーの高い印刷機を使って高い品質の印刷をしてくれているにもかかわらず、安く仕上げられるということです。データのやり取りなので、決定したら即印刷可能ということもあり、最短で一日で出来ることもあります。

冊子の印刷なら早い安い、ネットで申し込みがお得

冊子を大量に印刷するなら、ネットがお得です。今となっては自分で作るほうがコストはかかります。最近はネットで24時間受付対応しているサイトなども多く見られます。時間帯も関係なく、こちらの都合で進められるのもメリットです。やはり一番大きいのは、人件費やデザイン費が大幅に省けることだと思います。最近はテンプレートでデザインを選べるサービスがあり、デザイナーに頼むと簡単なものでも二万円以上かかってきますが文字を打ち込んだり、簡単な写真を載せたりできるなら自分でデータを作ると安く仕上げられます。あとは、紙質、枚数、大きさ、注文する冊子のタイプ、折り方、注文数などによって価格が変わります。会社によって価格や品質は違うので、最低でも三社以上は相見積を取って比較することを推奨します。