冊子の印刷を依頼する際の注意点

冊子 印刷

冊子の種類にも寄りますが、例えば社内資料であればデザインよりも見やすさを重視し、自分で原稿を書いて渡しますし、社外に出すパンフレットであれば、見やすさだけでなく手に取ってもらえるデザインや紙の質にもこだわる必要があります。ですから冊子の印刷を依頼する際、まず印刷会社かデザイン会社のどちらに依頼をするのかを考える必要があります。デザイン会社に依頼する場合、ページ数や作り方などは、分からなければ指示をくれますし、企画と原稿を持っていけば上手く冊子にしてくれる会社もあります。フリー素材やデザイン会社が持っている写真やイラストを使うこともできます。社内資料を作成してもらう場合は、ひたすら刷ってもらうわけですから、気を付ける点はページ数です。台割表などを作ってもらえる印刷会社もありますので、一度尋ねてみる事も大切です。

冊子の印刷はレスポンスを重視することも大事

冊子の印刷は多くの会社が行っています。印刷会社、デザイン会社だけでなく、オフィス用品を販売している会社や通販会社などでも取り扱いがあります。ただ自社で印刷をするのか、もしくはデザインと注文は受け付けるが実際に印刷をするのは他の会社という場合もあります。印刷機器を持っている会社は、やはり納期は短くなることが多いです。また印刷会社は安くなることが多いです。しかしこれらは、冊数や紙の質、ページ数、納期などで変わります。ネットで無料見積もりをしているところは多いですので、一度ぜひ問い合わせをして数社から見積もりを取ってもらいたいです。値段があまり変わらない場合は、やはり質で選んでほしいです。この質というのは対応の差も含まれています。分からない点について質問に丁寧に答えてくれる。レスポンスが早いなどは、やはり安心感が違います。

冊子の印刷は送料無料や原稿の形式も考える

冊子自体の印刷料金も大切ですが、送料の面も考えるべきです。送料無料は多いですが、商品代金が一定額以上での無料、一部地域は有料、一部商品は有料など条件があることもあります。この様に料金や対応も大切ですが、自分に合う印刷方法を持っている会社を選ぶことも大切です。デジタルデータを送信するだけで印刷をしてくれる会社や、デジタルデータを作れない場合は、データを持ち込みや、会社などに取りに来てくれる会社を探す必要があります。データ持込みの場合、イラストや資料を差し込めるのかなど、いろいろな確認をしておく必要があります。安いだけで飛びつくのは、何事も危険です。自分の都合に合った上で、安いものを探すことは、どのような買い物でも基本です。もちろん今まで利用していた会社より安くて、サービスの良い会社があれば、利用してほしいと思います。