オススメする冊子の印刷方法とは

冊子と言ってもピンとこないかもしれません。冊子とは「製本」の事です。正確には印刷物を「冊子」の形にすることです。では冊子にはどのような種類があるのかですが、全部で12種類あります。針金を使用する製本には「中綴じ」「平綴じ」「アイレット綴じ」があります。針金を使う製本は比較的ページの少ない製本に使用されることが多いです。64ページが上限です。接着剤を使用する製本には「無線綴じ」「アジロ綴じ」「PUR綴じ」があります。144ページぐらいまでの製本によく使用されます。糸を使用する製本では「糸がかり綴じ」「中綴じミシン」「和綴じ」「コプト綴じ」があります。比較的ページの多い製本で使用されます。他には「リング綴じ」「クロス巻き」などがあります。製本には厚紙を使用する「ハードカバー」と本文用紙と同等の用紙を使用する「ソフトカバー」があります。日常的な冊子には「ソフトカバー」の使用が一般的です。

冊子印刷を依頼する時のポイントは?

冊子の作成方法を最初に決めましょう。専門家やショップに相談する方法もありますが、あらかじめイメージした方がよいでしょう。64ページまでなら中綴じを選択しましょう。それ以上の場合は無線綴じをおすすめします。容姿のサイズ、モノクロかフルカラーか、必要な部数を決定しておきましょう。使用する紙の品質もある程度決めておくとよいでしょう。そして一番大事なことは誰向けの冊子なのかということです。例えばマニュアルであれば紙の質は上質でなくてもよいでしょう。会社案内、製品やサービスのパンフレットであればできるだけ上質な紙を使いたいところです。イメージが固まったら比較サイトを使用しましょう。たくさんの比較サイトがありますので複数のサイトで見積もりを取りましょう。印刷会社は大小たくさんありますが得意不得意がありますので見極めが重要です。

安いだけではない価値のある冊子作りのポイントは?

冊子作りは分からないことが多いです。そこで相談できる印刷会社を選びましょう。印刷したいデータさえあればサポートしてくれる印刷会社はたくさんあります。レイアウトや紙の質、冊子の作成方法など親身に相談に乗ってくれる印刷会社を選びましょう。その時に大事なことは「サンプル本」を無料で作成してくれる印刷会社を選ぶことです。そのサンプル本で修正や更新を行い実際に必要な部数を作成しましょう。サンプル本を無料で作成してくれる印刷会社はあまり多くありません。イメージ通りに作成してくれる良心的な印刷会社を選びたいところです。また、途中で手直しが入ることもありますので見積もりの際に手直しの費用がどこまで含まれるか確認しましょう。サンプル本の作成と手直しの期間を考慮した上で納期を決めてそれを厳守してくれる印刷会社を選べばトラブルなくイメージ通りの冊子が作成できます。