どうすれば冊子の印刷が安く収まるかを解説

冊子 印刷

アルバムや会報誌、小説などの冊子を作りたいという方に冊子を安く作る方法をお伝えします。個人で冊子を作りたいという方が増えてきており、業者依頼も気軽にできるようになっています。冊子を作る際の流れとしては、まず原稿を作ります。ワードやエクセル、手書きの原稿を印刷業者に入稿します。次に外観を決めます。製本方法には強度の高い無線綴じ、長期保存におすすめの上製本などがあります。それぞれ一長一短の特徴があり、よく理解したうえで注文しましょう。仕上がりサイズも報告書や論文におすすめのA4から文庫サイズのB6など用途や好みに応じて決められます。続いて表紙や本文の用紙を決めていきます。髪の品質やカラー印刷かモノクロ印刷かによってコストも変わってきますので、目的や予算に合わせて決めるとよいです。

冊子の印刷を安くするポイントは?

冊子の制作を安く行いたいなら、利用目的に合った業者をネットで探してみましょう。コストを抑えるのであれば、まずは原稿づくりに着目してみます。元となる文書や写真を用意するだけで、おまかせデザインで低価格を打ち出している印刷業者もあり、手間を省きつつコストも抑えることができます。もちろん全て作成すれば原稿制作費用が省けます。またモノクロ印刷にすることで大幅なコストダウンが叶います。カラー印刷は鮮やかさや精巧さを表現しにくい部分もあり、こだわりが強くないのであればモノクロ印刷がおすすめです。また、ページ数を削減できるかどうかも検討してみましょう。1ページ内に2面などかさばらない冊子を作る事が出来るので、テキストや講演会などに向いています。冊子そのものが薄くなるので、製本方法も簡易化できおすすめです。

紙の質選びでコストダウンができる冊子印刷

冊子制作のコストを抑えるポイントは紙の質にもあります。紙の質感で印刷仕上がりイメージが大きく異なるため慎重に選びたいものです。種類は一般的に高級感のある白の上質紙、ツルツルした表面で光沢のあるコート紙、色がしっかりのり彩度が保てるマット紙、古紙パルプを使用し少しグレーがかった色味の再生紙、目に優しい書籍におすすめ上質紙淡クリームキンマリなどがあります。作りたい冊子に合わせた選択も重要ですが、コストを抑えるならやはり再生紙がおすすめです。ただコストを重視しすぎて見た感じの印象がさみしいとやはり印象は薄いです。ファーストインパクトを求めるなら表紙とタイトルにこだわりをもちましょう。印象的なタイトルをつけることでより多くの人が手に取ってくれるでしょう。冊子の印刷は目的をはっきりと持ち、何を伝えたいのかを大切にしながらコストダウンを考えましょう。